ホーム > トカゲ飼育の基礎知識 > トカゲのエサ

トカゲのエサ

エサが最大の問題!?

トカゲは手のかからないペットではありますが、温度管理とともに最重要にして、最大のネックともなりうるのが、「エサ」です。爬虫類を飼ってみたいけれど、エサがなにかを知って飼う気がうせた、という方も少なくありません。爬虫類ペットの敷居を高くしているという意味では、これは深刻な問題かもしれません。

そのトカゲのエサとは、昆虫です。多くのトカゲが動物質のエサを好み、生きたコオロギやミルワーム、ワラジムシなどを食べます。虫が苦手な方には、たしかにつらいですが、ホレた弱味というやつで、好きなトカゲのためならと、案外すぐに馴れてしまえるものです。いずれはコオロギのうしろ足をもぎ取った上で与えるという所業も平然とできるようになるでしょう。愛は偉大です。

昆虫食のトカゲでも、種類によっては専用の人工フードが開発されている場合があります。愛をもってしても虫を克服できないという方は、こちらを利用するのも手ですが、コストや栄養面からは、やはり本物の虫にまさるものはありません。

これら虫のほか、マウスやウズラ、ドッグフードを食べる大型のトカゲもいます。また、グリーンイグアナのように植物質を好む種類には、バナナやリンゴ、サツマイモ、ニンジンなどを与えます。

エサにまぶすサプリメントも市販されており、カルシウムやビタミンを添加して与えるのが一般的です。

トカゲ飼育のためのコオロギ飼育

トカゲのエサとして市販されているコオロギは、ヨーロッパイエコオロギとフタホシコオロギの2種類が一般的です。現在では前者がポピュラーで、「イエコ」の愛称で親しまれながら餌食にされています。

ショップで購入したコオロギをストックするために、彼らの飼育環境も整える必要があります。ケースは、壁面をよじ登れないプラスチック製のものがおすすめで、驚異的なジャンプによる脱走ができないほどの深さがあれば理想的です。これらの点から、底の深い衣装ケースを使うのが定番になっています。湿気が大敵ですので、フタはしないか、網などの通気性にすぐれたものを使いましょう。

ケース内には、身をかくすシェルターとなるものを設置します。コオロギの数が多ければシェルターと足場を兼ねて、階層構造になるようにしましょう。紙製のものでは喰われてしまう恐れがあり、それをトカゲが喰うことになりますので、避けたほうが無難です。

コオロギは水をよく飲みますので、背の低い容器に水を張り、ケース内に置きましょう。

エサにするコオロギのエサは、非常に重要です。結果的にトカゲのエサともなるわけですから、栄養価にすぐれたものを与えたいものです。コオロギ用のエサやニワトリ用のエサがよく使われます。

ベテランの爬虫類ファンの中にはコオロギを自宅で繁殖されている方も少なくありません。特にイエコは、一年中いつでも繁殖ができるというメリットから人気のエサとなっています。しかし、けっこう手間のかかる作業となりますので、飼っている爬虫類の数が多かったり、コオロギの飼育も楽しくなってきたりしないかぎり、ショップから購入したほうがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加